CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
あの日からもうすぐ4カ月。
先日、つくばスローマーケットのスタッフで
 宮城県気仙沼市へ炊き出しボランティアに行ってきました。 

あの地震による津波の被害で多くの方々の尊い命が亡くなりました。 
3ヶ月が過ぎ、テレビから流れる情報も徐々に減り、
なんとなく普通の生活に戻りつつありますが、 
当時、被災された方が
 「今は沢山の人がボランティアで力を貸してくれる。 
炊き出しを含め色々な物を送ってくれて有難い。
でも一度に沢山じゃなくていい、
少しずつでもいいから長く続けてほしい・・・」
と言っていたのがいつも頭の片隅にありました。

そう、3ヶ月ってなんか一区切りのような感じで、
私たちの生活もほぼ元に戻り、なんとなくあんなことがあったな・・・。
と振り替えるのにいい時期。
でも、まだまだ避難所生活や、自分たちの家がなくなり
先が見えなくて不安でいっぱいの人たちが東北には沢山いるんですよね。

2台の車でスタッフと東北へ。
高速は時々段差はあるものの、地震の形跡もみせない感じ。 
三陸道終点でおり、山間を一路気仙沼へ。
周りの風景が何事もない普通の光景だったせいか、
目的地に行くことに夢中で、何の変わりのない光景を不思議にも思わず 
車はどんどん目的地へ。
山間を抜け出した辺りから、様子が変。
するともう目の前には瓦礫の町が。
そこは南三陸町。
防災対策庁舎の骨組みだけは残っていましたが、
あんなに密集していた町の形跡は どこにもなく、
骨組みだけがポツンと。 
あの屋上で沢山の人が襲ってくる津波と戦っていました。
アンテナにしがみついたり、周りの柵にしがみついたり。 
そこは現実の世界だけれど、どこをどう見ても私たちには 信じられない世界です。
新しい電柱が運び込まれ、徐々に復旧はしてきています。 
でも、まだまだ復興への道のりには長い者があると改めて感じました。


 


そして目的地へ。 

全国から集まってきた沢山のボランティアの方たちが、
お腹を空かせて帰ってきました。
麺、スープ、デザートと3種類の夕食作ってお出迎え。
私はボランティアの方々の顔を見てとても嬉しくなりました。 
とにかく笑顔が輝いて見えたんです。
年齢も10代から60代くらいでしょうか。 
皆さん、年齢関係なくとても楽しそうに達成感というか、
働いてきた喜びと言うか、とてもさわやかな笑顔でした。
充実感でいっぱいなんでしょうね。
食事もものすごく喜んでいただけて嬉しい限りです。
皆さんの「美味しい、ありがとう」の言葉が 私たちをどんどん元気にしてくれました。 

そして帰り。
荷物を車に運んでいると、食事をしてくださった おばあさんたちが出てきて、
「おいしい物をご馳走してもらったのに、
私たちは 何もしてあげられないから、これくらいさせてちょうだい」
と重たい荷物を車まで運んでくれるんです。
「私たちは人数もいるし、大丈夫ですから」
と言っても 私たちの手に持っている物も自分たちで運ぼうと・・・。
こんなお年寄りが、自分の家をなくし避難所生活をしているだけでも 疲れるのに、
たった1回の食事にこんなに気を遣ってくれて。
感謝の気持ちを胸に、車に乗って帰路へ。
少し車に乗ると、先ほどのおばあさん達が。
車を止め挨拶をすると
「気をつけて帰ってね。がんばってね。」
と手を握ってくれました。
その手がとっても柔らかくて暖かくて、
そしてその言葉に うるっと来てしまいました。 
“頑張ってね”
そんな言葉がでるなんて。
そんな言葉をかけてもらえるなんて。 
あの手のぬくもりが今でも私の手に残っています。
”あー、頑張らなきゃな”という思いに駆られます。

何不自由なく生活している私たちが何か力になれたら。
と言う思いで行っているのに、 私たちの方が与えてもらう物が多すぎる体験でした。
そして、あそこで少しでも時間を送った人なら感じる 
少しのことにでも感謝し、物を大切にする。
人との繋がりの大事さ、働くことの楽しさ、
生きていること、誰かのために何か出来ることの喜びなど、
短い時間の中で沢山の経験や思いがありました。

ボランティアで働いていた方が言っていました。 
「ここで何かを経験したい人は、人生観が変わると思う」
そう、ほんとにその通りです。
数時間でも何かをすれば、人生観が変わります。 

私たちは、今、こんな時だからこそ変わっていけるんじゃないかなと 思いました。
現地を目の当たりにすると、心が痛む部分もありますが、
心の痛みも含め、とても充実した一日を送ることが出来たことに 感謝します。
| チームスロウ | 02:05 | - | - | pookmark |
今、できることを。

3月の震災以来、

今、できることは何か。

そんなことを考えながらコツコツやってきました。

義援金の募金をしたり、東北の物産を購入したり、

東北の被災地の人々のことを思いながら過ごしてきましたが、

3か月も経つとメディアからの情報も少なくなり、薄れていく思いがあります。


そんな中、先日のミーティングの際に

「東北の被災地に応援にいってみないか」という話になり、

実は今週末、気仙沼へ「炊き出し隊」として出発することになりました。


これが今のわたしたちにできること。


当初はいわき周辺で活動場所を探していたのですが、

なかなか活動を受け入れてくれる場所が見つからず、
(場所探しでお世話になったみなさんありがとうございました!)

ボランティアセンターに問い合わせしたところ、炊き出し支援は十分だというお話でした。

さびしいけれど、ある意味よかったと思いました。 

食事が足りているということは心も豊かになります。うれしいことです。


そこで思い切って宮城まで足を延ばすことにしました。

問い合わせしたところ、即答で支援がきまりました。

「ぜひ来てください、待ってます」と。

避難所で暮らす方々はもちろんですが、

地域の復興のために全国から集まったボランティアの方々がいらっしゃいます。

その大勢の方々のためにも温かくおいしいものを届けたいと思っています。


一緒にがんばろうと思います。

| チームスロウ | 16:00 | - | - | pookmark |
vol.4に向けて

先週末、vol.4に向けてスタッフミーティングを行いました。

前回の反省点、改善点、

参加者の様々な意見などを考慮し、

次回はいつどこでどのような形で行うのが理想的か。

議論いたしました。

まだまだみなさんに報告できるような内容ではありません。

しばらくお待ちください。

ゆっくりではありますが、目標に向かって歩んでいきたいと思っています。


目標に向かうといえば・・・

28日、日曜日はつくばマラソンでした。

出場したスタッフがみごと完走いたしました。 もちろん42.195km。

がんばりました。

| チームスロウ | 18:07 | - | - | pookmark |
常陸秋そばを食す。
sasaが所属する森林ボランティアのそば打ちの会に参加しました。

この森林ボランティアのみなさんはとってもすごい。
山の古道を復活させたり、
荒れ地を開墾したり、
山の登山道の整備をしたり・・・

今年は雑地の維持管理のひとつとして
そばの種を蒔きました。
そして収穫や脱穀も自分達の手で行い
本日に至りました。
みなさんお疲れ様でした。

薫り高い、新そばをいただいてきました。

しかも、高級品種の常陸秋そば!

打ち始めるとそばの香りが・・・!







せっかくカメラを持っていったのに、打つこと、食べることに夢中で
こんな写真しかありません・・・

それぞれによって、味も形も様々にできあがりました。
とってもおいしかったです。
試食しながら語りあい、楽しい時間がすごせました。

また来年も誘ってください。




雑地の有効利用でそば栽培。


スローな取り組みに拍手を贈りたいです。パチパチ。


くわしくは「食と緑の会」HPをご覧下さい。



| チームスロウ | 08:52 | - | - | pookmark |
ヘンプでホルダー
最近マイボトルを持たれる方が多くなりましたね。
でも、意外にカバンの中でかさ張ってしまったりと、持ち運びに困りますよね。
そんな時に使ってもらおう!と、ヘンプを使ってのマイボトルホルダーの
ワークショップをスタッフ主催で開催しました。



ヘンプとハサミとメジャーさえあれば簡単にできてしまいます。



作業自体は、簡単なのですが同じ作業を淡々と繰り返し、意外と時間がかかります。。
テントの場所が運悪く、日差し直撃!だったので、暑い中とても根気のいる
作業となっていました。。



中には途中で『飽きちゃった〜』と言われた方もいましたが、励ましながら
なんとか完成されてました。

お一人とっても丁寧な方がいらっしゃり、なんと1時間30分もコツコツと
作業をしていらっしゃいました。
その後、会場内で早速作られたホルダーをベビーカーにつけてご家族3人で
歩いてる姿を見かけ、とても嬉しい気持ちになりました。

器用に足まで使って、なんだか職人のような素敵な姿で作業している方もいましたね〜。




どこかでマイボトルホルダー作りを見かけたらぜひ挑戦してみてください。






笑顔で完成!





| チームスロウ | 22:21 | - | - | pookmark |
ママ釣れたよぉ〜♪
「よいこのリサイクル」というスタッフ主催のブースを担当しました。



子供たちに、釣り竿でゴミを釣りそれぞれ分別してもらい
釣り遊びを通して、楽しみながら分別方法や分別の大切さを学んで貰えたらいいな
というものでした。



掲示物や釣竿等を作成しながら、子供たちは楽しんでくれるだろうか…
と不安な気持ちでいっぱいでした…



が、当日は大盛況♪
ママ釣れたよぉ〜
これなんだかボク知ってるよ!
学校で教えてもらったもん!



眩しいくらいの青空の下、芝生の上にたくさんの子供たちが集まってくれました。
それだけで嬉しかった。



最近では、幼稚園や学校でもゴミの分別リサイクル教室があるようで
多くの子供たちがちゃんと分別方法を知ってました。

字の読めない小さな子たちにも、本来ならば捨ててしまっているゴミで遊ぶ…
という感覚を味わってもらえただけで良かったかもしれない♪
(と、妄想かもしれませんが思ってます)



どんなに小さくても、何かのきっかけになれればいいな…
私たちはそう思っています。

小さな一歩がいずれ大きな一歩になりますように…。


| チームスロウ | 15:54 | - | - | pookmark |
おすもうさん。
巨大紙ずもうで遊んでくれたかな?




おすもうさんだけじゃなく、

友達のキリンさんやうさぎさんもいたんですよ。





土俵も軍配もおすもうさんたちもすべて、 、

使用済み段ボールで作りました。





マーケットが終わった時には、

たくさんの人たちがどんどんたたいてくれたおかげで、

土俵はかなりヘコんでいました。




一つだけ残念なことに、

おすもうさんたちは風に弱かったのです…。

そこで、来年に向けて足腰を鍛えるため、

稽古に励むよと言い残していったそうです(笑)。






| チームスロウ | 09:14 | - | - | pookmark |
もっちもち♪
キッチンスロウの 『和んだぶるロール』 召し上がっていただきましたでしょうか?







国産=和で表し、国産の二種類の粉(米粉と小麦粉)で
二種類のロール(食事系ロールとデザート系ロール)を提供することからダブル。
Wanderfurlとひっかけることで和洋折衷を表現。

食事系は揚げた豚肉を甘辛く味付けした「スイートチリポーク」を巻いたもの。
デザート系は「スイートポテト・小豆あん・クリーム」などを巻いたもの。

なんか変わった名前・・・と思われた方もたくさんいらっしゃったのでは?
これには上記ような意味合いがあったんですよ。
説明しないとちょっと分かりにくかったですね。
「ワンダフルロール」とおっしゃっていた方もたくさんいました!

でも、何でもいいんです。
皆さんが「美味しい〜」と言ってくれただけで、
私たちは本当に嬉しかったです。

お蔭様で、たくさんの方に食べていただきました。
何度も足を運んでくださった方もいらっしゃいました。
せっかく来てくださったのに、食べていただけなかった方、ごめんなさい。
またどこかで『和んだぶるロール』の看板を見たら!?
是非食べてくださいね!



そして、『ホットレモネード』



開催当日は2日間ともお天気に恵まれ温かい飲み物はどうかな・・・
と心配になりました。
でも、そんな心配も必要なくこちらもたくさんの方に飲んでいただきました。
マイカップをご持参くださった方、思う存分飲んでいただけましたか???
お子さんも喜んで飲んでくださいましたね。
「もうちょっと甘い方が良ければシロップあるよ」と言うと、
「大丈夫!すっごく美味しい♪」
とお母さんと目を合わせニコニコ顔。
飲み終わると紙コップを持ってきてくれました。

紙コップは回収し、最後にリサイクル業者に再利用をお願いしました。

また皆さんの美味しい笑顔に出会えるのを楽しみにしています。




| チームスロウ | 12:08 | - | - | pookmark |
開催前日のこと。
9日金曜日、わたしたちスタッフは朝から現場での作業。

台風一過、日差しと風が強かったです。
日焼け覚悟で挑みました(笑)



出店場所のマーキングというか区割り作業です。
目印が何もない公園での作業、
甘く見ていました!
夕方になってやっと終了。





そして、日焼けした顔で夕方テレビ出演。
NHKのニュースワイド茨城という番組です。
つくばスタイル館より生放送。
翌日からのスローマーケットの告知をさせていただきました。
出店者代表ということで「はんてん屋」さんにお越しいただき
綿入れの実演をしていただきました。
ワークショップからは「木工やまぼうし」さんの
時計をご紹介させていただきました。
その甲斐あって当日は「テレビを見てきました」というお客様の声を
聞くことができました。
すごいな〜テレビ効果。。。

中継が終わった後、暗闇の中で会場の飾りつけと
青いボールを膨らます作業、そして家に戻り明日の準備・・・
ここ3日の合計の睡眠時間が数時間だったのは言うまでもありません。
アイドル並!?

不手際や行き届かないことも多々ございましたが
がんばっていたスタッフをどうぞお許し願います。
| チームスロウ | 21:19 | - | - | pookmark |
マイボトルホルダー

会場内で、ヘンプを使ったマイボトルホルダー作りができます。
1個300円、誰でも簡単に作ることができます。
お時間に余裕のある方、ぜひ一緒に作りましょう!

| チームスロウ | 12:01 | - | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>